雇い止め一覧

「黙示の更新」後に有期雇用契約で再契約するよう迫られた場合

有期雇用契約の契約期間が経過した後も引き続き働いていることを会社が黙認していた場合には「黙示の更新」として「無期労働契約」として契約が更新されたものとなりますが、会社によっては「有期労働契約」として契約しなおすよう強要する場合があります。このような場合、具体的にどのように対処すればよいのでしょうか?

更新拒否により正社員への転換を妨害された場合の対処法

今回は、アルバイト・パート・契約社員などの非正規労働者が、継続して5年を超えて契約が更新したことを理由に正社員への転換を求める場合に、契約期間の通算が5年を超える前に使用者(会社・雇い主)が契約の更新を拒否して正社員への転換をさせないようにする場合の対処法などについて考えてみることにいたしましょう。