通勤途中や飲み会でのセクハラを会社に相談してもいいの?


77a2287a3b2a2de2bbc5949c0f53a52d_s

勤務先の職場でセクハラを受けた場合には、その職場の上司や会社(個人事業主も含む)に対して「セクハラに適切に対処しろ」と求めることが可能です。

なぜなら『セクハラに遭った場合の対処法』や『セクハラ相談に会社はどんな対応をとる必要があるか』のページでも解説していますが、事業主が労働者からセクハラの相談を受けた場合には、その労働者の就業環境が害されることのないよう必要な措置を適切にとることが義務付けられているからです(男女雇用機会均等法第11条第1項)。

【雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律】

第11条第1項 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

しかし、実際にセクハラを受けている人の中には通常就業している勤務先以外の場所(たとえば営業先や飲み会、通勤途中など)でセクハラを受けているという場合もあるはずですから、そのような通常の就業場所以外の場所におけるセクハラ行為まで会社(事業主)に報告を行ったり相談することができるのか、という疑問を持っている人も多いのではないかと思われます。

そこで今回は、セクハラの被害を受けたのが通常の就業場所以外の場所であった場合には会社(事業主・雇い主)に対してセクハラを報告して問題ないのか、言い換えれば通常就労している職場以外で会社の上司や同僚、あるいは部下からセクハラを受けた場合であっても会社に対して適切な対応を求めることが出来るのか、という問題について考えてみることにいたしましょう。

スポンサーリンク

男女雇用機会均等法の第11条における「職場」とは?

前述したように、男女雇用機会均等法の第11条は職場におけるセクハラの相談を受けた事業主が取らなければならない措置を明確にした規定ですが、この規定に記載されている「職場」がどの範囲までを指すのかという点については法律上明確ではありません。

そのため、通常の就業場所ではない営業先や飲み会、通勤途中などといった場所にいてセクハラを受けた場合にも通常のセクハラと同様に会社に対して対応を求めることが出来るのかが問題となるのです。

この点、この男女雇用機会均等法の第11条の具体的な解釈の基準については、その具体的な運用指針が規定されている厚生労働省の告示(事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針(厚生労働省告示第615号))に規定されていますので、この告示が男女雇用機会均等法の第11条にいう「職場」の範囲を考える上での基準となります。

この厚生労働省の告示では、男女雇用機会均等法の第11条における「職場」について以下のように定義されています。

【事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針(厚生労働省告示第615号)3-(2)】

「職場」とは、事業主が雇用する労働者が業務を遂行する場所を指し、当該労働者が通常就業している場所以外の場所であっても、当該労働者が業務を遂行する場所については、「職場」に含まれる。例えば、取引先の事務所、取引先と打合せをするための飲食店、顧客の自宅等であっても、当該労働者が業務を遂行する場所であればこれに該当する。

「労働者が業務を遂行する場所」であれば「通常就業している場所以外の場所」であっても男女雇用機会均等法の第11条にいう「職場」に含まれるとされていますから、通常の就業場所(職場)で受けたセクハラと同様に会社はそのセクハラ被害に適切に対処しなければならない義務があるということになります。

「取引先の事務所」や「打ち合わせをするための飲食店」「顧客の自宅」も男女雇用機会均等法の第11条にいう「職場」に含まれると具体的に記載されていますので、たとえば取引先の事業所に営業や打ち合わせに訪れた際に、同行した会社の同僚や先輩・部下から体を触られたり、交際を迫られたりしたり、あるいは取引先の従業員に性的な対象として話題にされたりした場合(たとえば「うちの新人なんですけど胸おっきいでしょ」とか「彼氏募集中なんだよな」とか性的な言動を含む話題を取引先の社員の前で振られた場合など)には当然にセクハラとして勤務先の会社にセクハラ被害の相談(申告)をしてよい(相談を受けた会社はそのセクハラ行為に対して適切に対処する義務がある)ということになります。

また、その取引先との打ち合わせ等が、貸し会議室や喫茶店、ファミリーレストランなどといった会社以外の公共の場所で行われたような場合や、営業先の顧客(お客)の自宅であっても、その場でセクハラに該当するような性的な言動を受けた場合には「職場」でセクハラを受けたということになりますから、そのセクハラ行為については勤務先の会社に対してセクハラとして相談すれば会社はそのセクハラ被害に対して適切な対処を取らなければならないということになります。

「通勤途中」にセクハラを受けた場合には?

以上のように、厚生労働省の告示では「取引先の事務所」や「打ち合わせをするための飲食店」「顧客の自宅」も男女雇用機会均等法の第11条にいう「職場」に含まれると解釈されていますので、これらの場所で上司や同僚・部下からセクハラを受けた場合には会社に対してセクハラの相談出来ることに異論はないでしょう。

では、これら以外のたとえば「通勤途中」に上司や同僚・部下などからセクハラを受けた場合についてはどうなるでしょうか?

スポンサーリンク

フォローする

PR:労働トラブルが解決できない場合は転職も…。正社員ならリクルートエージェントパソナキャリア 、IT系などクリエイティブ職ならマイナビクリエイターなど転職サイトでホワイト企業を探してみるのも良いかもしれません。


関連トピックス