仕事のミスで罰金を差し引かれた場合(減給)の労基署の申告書

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページでは、仕事上のミスを理由として給料から罰金を差し引かれた場合(懲戒処分の減給を受けた場合)に、懲戒処分の種類や程度が就業規則に定められていないこと、または労働基準法第91条の上限を超過した減給がなされていることを理由として、労働基準監督署に違法行為の是正申告を行う場合の申告書の記載例(ひな形・文例)を公開しています。

適宜、ワードなどの文書作成ソフトで複製するなど自由に利用してください。ただし、著作権を放棄するわけではありませんので無断転載や配布などは禁止します。

なお、この記載例(書式・ひな形例)は当サイト管理人が個人的な見解で作成したものです。

この記載例(書式・ひな形例)を使用して生じる一切の損害につき当サイトの管理人は責任を負いませんのでご了承のうえご使用ください。

スポンサーリンク

仕事上のミスを理由として給料から罰金を差し引かれた(懲戒処分の減給を命じられた)場合の労働基準監督署への違法行為の是正申告書の記載例

(1)懲戒処分の種類及び程度が就業規則に記載されていないことを理由とする場合

〇〇労働基準監督署長 殿

労働基準法違反に関する申告書

平成〇年〇月〇日

申告者
〒 〇〇〇-〇〇〇〇
住所 東京都大田区〇〇七丁目〇番〇号〇〇マンション〇号室
氏名 甲斐都蘭
電話番号 090-****-****

違反者
〒 〇〇〇-〇〇〇〇
所在地 東京都江東区〇〇二丁目〇番〇号
名称 株式会社罰金運送
代表者 佐田免造
電話番号 03-****-****

労働基準法104条1項に基づき、下記のとおり労働基準法に違反する事実を申告いたします。

1 当事者

 違反者は、軽貨物運送を業とする従業員800名の株式会社である。
 申告者は、平成〇年〇月に配送ドライバーとして入社し、違反者の新宿配送センターにおいて軽トラックを運転して軽貨物を配送する業務に従事している。

2 労働基準法に違反する事実

 申告者は、平成○年○月上旬、軽トラックを運転中に自らの不注意から物損事故を起こしてしまい軽トラックの修繕費用として金10万円の損害を違反者に与えてしまったことから、懲戒事由の「故意または過失により使用者に損害を与えたとき」に該当するとして○月分支払の給与から金〇円を差し引かれるという罰金(減給)の懲戒処分を受けた。
 しかしながら、違反者の就業規則には「故意または過失により使用者に損害を与えたとき」という懲戒事由は定められておらず、また懲戒処分として「懲戒解雇」や「降格」などは定められているものの「罰金(減給)」という懲戒処分は定められていない。

3 是正措置の申立

 違反者の行為は、労働基準法第89条9号の規定に違反する。よって、速やかに調査を行うとともに是正措置をとられるよう求める。

4 添付資料

・罰金(減給)として金〇円が差し引かれた○月分の給与明細書の写し 1通

5 備考

 本件申告をしたことが違反者に知れると勤務先で不当な扱いを受ける恐れがあるため、違反者に対しては申告者の氏名を公表しないよう求める。

以上

※官公庁ではすべての書類をA4で統一していますので、プリントアウトする際はA4用紙を利用するようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス