労働条件の切り下げ

スポンサーリンク
労働条件の切り下げ

配置転換にともなって賃金を引き下げられた場合の対処法

メーカー勤務のサラリーマンが営業職から工場勤務に変更になったり、建設会社で経理事務をしている社員が現場に配属されたり、職務内容の変更(配転・配置転換)は多くの企業で見られることと思います。 この配転において、会社が職務内容の変更があったこ...
労働条件の切り下げ

就業規則が変更されて賃金が減額されたときの対処法

今回は、会社が労働者に無断で就業規則の変更を行い、賃金や残業代の減額(切り下げ)など労働者にとって不利益な取扱いをすることは違法ではないのか?またその場合の対処法などについて考えてみることにいたしましょう。
労働条件の切り下げ

給料の引下げに同意するよう迫られた時の対処法

賃金の減額や休日の削減など労働条件の切り下げは、労働者の同意がない限り無効となります。 ≫「給料を下げる」と言われたら?(同意なき労働条件の変更) しかし、悪質な会社によっては(というか、現実にはそんなに悪質な会社でなくても)労働者に対...
労働条件の切り下げ

「給料を下げる」と言われたら?(一方的な賃金引下げの対処法)

勤めている会社から突然 「来月から給料を10,000円さげるから…」 と言われたら、皆さんはどうしますか? 「そんなの困ります!」と言いたいのを我慢して渋々受け入れるか、不満を内にため込んで「いつか辞めてやるっ!」と歯ぎしりして耐え忍...
スポンサーリンク