性同一性障害の人が女装(男装)で出勤するのはダメ?


目を化粧する

精神的には女性だけれども身体的には男性であったり、身体的には女性だけれども精神的には男性であったりする精神と身体の性に相違がある症例を性同一性障害(性転換症)といいます。

多くの人に認知されてきた性同一性障害ですが、実際の社会生活では未だに差別や偏見が残っているのが現状かもしれません。

たとえば、性同一性障害の人が女装(男装)して出社した場合であっても、多くの会社では性同一性障害への理解を示すことなく女装(男装)をすることを止めさせ、男なら男の、女なら女の服装で出社するよう命令することが多いのではないかと思われます。

女装(男装)を禁止する理由は様々でしょうが、「男は男の格好」で「女は女の格好」で働くことが”常識”であり、戸籍上の性と違う服装で出社することは企業の風紀を乱し企業秩序を損なうことになるというのが主な理由なのでしょう。

しかし、性同一性障害に悩む人にとっては、自分が感じている本来の性と異なる性の服装を着用することは多大な精神的苦痛を伴うものであり、そのような命令は到底承服できるものではないといえます。

そこで今回は、性同一性障害の人が女装(男装)して出社したことを理由に懲戒処分(解雇処分)などを受けることはあるか、また仮に懲戒処分を受けた場合にはどのような対処をとれば良いかなどについて考えてみることにいたしましょう。

スポンサーリンク

女装(男装)を禁止する就業規則とは

「女装または男装して出社することを禁止する」などと直接女装(男装)を禁止する就業規則の規定を置いている企業はまずないだろうと思われます。

そのため、女装(男装)して出社することがどのような就業規則の規定に抵触することになるのかが問題となりますが、一般的には就業規則に懲戒解雇の事由として定められている「会社の指示・命令に背き改悛しないとき」という条文に違反すると考える場合が多いようです。

この「会社の指示・命令に背き改悛しないとき」という懲戒解雇事由の定めは、会社内部での企業秩序の維持のため会社側から労働者に指示や命令がなされた場合には、労働者はそれに従わなければならないということを意味しています。

そのため、例えば女装(男装)して出社した性同一性障害の従業員に対して会社側が「女装(男装)して出社するな」と指示・命令した場合には、これに従わなければ形式的には懲戒解雇事由に該当するということになってしまいます。

性同一性障害の人が女装(男装)して出社しても懲戒処分事由に該当しない理由

前述したように、女装(男装)して出社した性同一性障害の従業員が会社から女装(男装)をしないよう指示・命令を受けた場合に、この指示に従わないことは就業規則の懲戒解雇事由に形式的には該当することになるでしょう。

しかし、性同一性障害が医学的にも承認されている現代社会においては、会社の方でもその障害に悩む従業員に一定の配慮が求められるものと思われます。

また、仮にそのような障害の有る従業員が女装(男装)をして出社した場合に、そのことに対して違和感や嫌悪感を持つ他の従業員なり取引先なりがいたとしても、その生じる不利益は企業の業務遂行上著しい支障を来たすおそれがあるとまでは言えないと考えられます。

したがって、性同一性障害の従業員が就業規則に定められた「会社の指示・命令に背き改悛しないとき」という規定に反し、会社から「女装(男装)するな」と指示・命令を受けているにもかかわらず女装(男装)して出社したことを理由に懲戒解雇処分を受けたとしても、その懲戒処分は「無効」と判断される可能性が高いと言えます。

過去の裁判例でも同様の判断が下されており、例えば、会社側の命令に反して性同一性障害に悩む戸籍上男性の従業員が女装して出社したことを理由になされた懲戒解雇の処分の有効性について争われた裁判では、その女装して出社した従業員に服務命令違反行為があったことは認めつつも懲戒解雇に相当するまで重大かつ悪質な企業秩序違反であると認めることはできないとして懲戒解雇処分は無効と判断されています(S社事件・東京地裁平成14年6月20日)。

女装(男装)して出社することを止めるよう会社から命令された場合の対処法

以上のように、仮に会社からの命令に違反して性同一性障害が女装(男装)のまま出社することを続け、それを理由に懲戒処分を受けたとしても、その懲戒処分は無効と判断される可能性が高いと言えます。

しかし、懲戒処分が無効と判断されるからと言っても、例えばいったん懲戒処分が出されてしまえば、それが無効と判断されるまでその懲戒処分による不利益を受けてしまいますから、できれば懲戒処分をうけないようにする必要があります。

そのため、もし性同一性障害の人が女装(男装)して出社した際に会社側から女装(男装)して出社することを止めるよう指示・命令された場合には次のような対処を取ることが重要となってきます。

スポンサーリンク

フォローする

PR:労働トラブルが解決できない場合は転職も…。正社員ならリクルートエージェントパソナキャリア 、IT系などクリエイティブ職ならマイナビクリエイターなど転職サイトでホワイト企業を探してみるのも良いかもしれません。


関連トピックス