配置転換にともなって賃金を引き下げられた場合の対処法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭を抱える作業着の男性

メーカー勤務のサラリーマンが営業職から工場勤務に変更になったり、建設会社で経理事務をしている社員が現場に配属されたり、職務内容の変更(配転・配置転換)は多くの企業で見られることと思います。

この配転において、会社が職務内容の変更があったことを理由に賃金の減額を行うことがあります。

たとえば、営業職から工場勤務に配転がなされた場合に、

「営業職の月給は40万円だが工場勤務の社員は月給30万円となっている。だから君の給料も来月から30万円にするよ」

といった具合に、職務内容によって賃金の基準が異なるからという理由で賃金の引き下げが行われるケースなどが代表的な事例として挙げられるでしょう。

しかし、このような配転に基づく賃金の引き下げが自由に認められるとすれば、労働者の合意を得ることなく賃金の引き下げなど労働条件の不利益な変更ができることとなり、理不尽なことになってしまいます。

そこで、ここでは職務内容の変更など(配転)を理由とする賃金の引き下げは有効かという問題について考えてみることにいたしましょう。

スポンサーリンク

まず、配転(職務内容の変更)自体の有効性を考える

配置転換(配転)に伴って賃金(給料)が引き下げられる問題を考える前提として、まず会社が配転を命じることができるのか、という点を考える必要があります。

なぜなら、会社が配転を理由に賃金を引き下げている場合には、配転自体が法的に有効でない限り、その配転の効果として発生する賃金の引下げも無効と考えることができるからです。

この点、使用者(会社・雇い主)が行う社内での配置転換(配転)や職務内容の変更は、基本的に使用者の裁量権の範囲内のものと考えられますから、仮に労働者の同意なく職務内容の変更を指示したり、配置転換を命じたとしても、そのこと自体が直ちに違法と判断されるわけではありません。

しかし、会社と取り交わした労働契約(雇用契約)書で従事する職務の内容や勤務する場所(勤務地)が特定の職種や地域に限定されている場合は、その限定された職種や場所以外への配置転換(転勤・職種の変更)は労働者の同意が必要となりますから、そのような職種や勤務地が限定されている労働契約の場合には労働者の個別の同意がない限り、配転命令は違法(無効)となります。

このように、職種や勤務地が限定されている場合には、会社が個別の同意を取ることなく一方的に配転を命じること自体がそもそも違法となりますから、そのように職種や勤務地が限定されている場合には会社に対して配転命令自体が違法(無効)であると主張していくことが可能といえます。

▶ 人事異動や配転命令を拒否することはできるのか?

▶ 出向命令を拒否することはできるのか?

▶ 転籍命令を拒否することはできるのか?

「配転」と「賃金」は別個の問題

前述したように、労働契約(雇用契約)によって職種内容や勤務地が限定されていない場合には、職務内容や勤務地の変更(配転)も使用者の裁量権の範囲内と考えられますから、会社は職種や勤務地が限定されていない従業員に対して自由に配転命令をすることも可能ということになります。

しかし、だからといって、配転の命令が有効であれば賃金の変更も可能という話にはなりません。

なぜなら、配転は「仕事の内容や勤務地をどうするか」の話であり、賃金は「労働に対する対価をいくらにするか」の話であって、2つはまったく別個のものであり、法的にも全く関連性がないものとして扱われるからです。

これは、配転後の職種の他の従業員と同等の賃金額に減額された場合であっても同様で、配転と賃金は全く別の問題ですから、配転が命じられた労働者は、仮に配転に応じる義務があった場合であっても、賃金については従前の(今までの)給料と同額の金額を会社に対して請求することが可能となります。

過去の裁判例でも、使用者が労働者に配置転換を命じたうえで配置転換後の給与を配置転換後の部署の他の従業員と同額の賃金に一方的に引き下げたことから配置転換後の賃金の引下げに労働者の同意が必要かが問題になった事案で、配置転換と賃金とは法律上別個の問題であるから、仮に配置転換が有効であり配置転換した労働者が従前より低賃金に相当する労働に従事するに至ったとしても、配置転換後の賃金は従前の労働契約が適用され、労働者の同意のない賃金の減額は違法と判断されたものがあります(デイエファイ西友事件:東京地裁平成9年1月24日)。

配置転換を理由とした賃金の切り下げは「労働者の同意」もしくは「就業規則の定め」が無い限り無効

前述したように、配置転換(配点・職務内容の変更)と賃金の変更とはまったく別個の問題ですから、配置転換で職務内容に変更が生じたことは、賃金を切り下げることの根拠とはなりえません。

そのため、配置転換に伴って労働者の賃金を引き下げることは次にあげる場合を除いて無効となります。

① 労働者から配置転換に基づく賃金の引き下げにつき同意を得ている場合

配置転換が行われた場合に、その配置転換に伴って給与が引き下げられることを使用者(会社・雇い主)が労働者に告知し、配置転換を命じられた労働者がその賃金の引下げに応じている場合には、その配置転換に伴う賃金の引下げは有効となります。

そのため、配置転換に伴う賃金の引下げに応じたくない場合には、たとえ配置転換が法律的に有効で配置転換の辞令を拒否できない場合であっても、給与の減額については明確に拒否することが大切です。

前述したように、従事する業務がどこになるかという配転の問題と、労働の対価として受け取る給与がいくらになるかという点については全く別個の問題ですから、たとえ配転後に従事する業務が従前の業務より低額な賃金が相当とされるような業務であり、配転後の業務に従事している他の従業員との間で賃金に差が出るような場合であったとしても、配転前における従前の給与の支払いを求めることが可能ですので注意するようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連トピックス