これってセクハラ?(セクハラの判断基準とは)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

泣いている女性社員

セクハラが社会問題となってかなりの年月が経過しましたが、改めて考えてみると、どういった行為が具体的にセクハラとなるのか、いまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか?

職場内で他の社員と談笑する際に、つい「下ネタ」が口走ってしまうという人もいるかもしれません。

しかし、どのような言動が「セクハラ」と認定されるかを知っていなければ、ちょっとした冗談のつもりが「セクハラだ!」と断罪されて懲戒処分や損害賠償請求の対象にってしまう可能性もあり、思わぬ形で人生が狂ってしまうこともあるかもしれません。

また、セクハラを受けた側としても、自分が受けた性的な言動が、はたして一般に言う「セクハラ」に該当するのかしないのか、判断が付きかねて会社や上司に相談するのを躊躇してしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、どのような言動が「セクハラ」となるのか、その判断基準について考えてみることにいたしましょう。

スポンサーリンク

セクハラとは?

セクハラ(セクシャルハラスメント)とは、『労働者の「意に反する」性的な言動』により、労働者の労働環境に支障が出たり不利益な取り扱いを受けることをいいます。

事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針(平成18年厚生労働省告示第615号)|厚生労働省(PDF)

「性的な言動」とは、性的な内容の「発言」と性的な「行動」を指します。

そして、「性的な内容の発言」には、性的な事実関係を尋ねること、性的な内容の情報を意図的に流布すること等が含まれ、「性的な行動」には性的な関係を強要すること、必要なく身体に触ること、わいせつな図画を配布する
こと等が、それぞれ含まれます(平成18年厚生労働省告示第615号)。

「労働環境に支障が出る」とは、たとえば猥雑な雑誌を机の上に置かれたため仕事がやりづらくなったりする場合が代表的で(環境型セクシャルハラスメントともいう)、また「不利益な取り扱い」とは、たとえば「上司から胸を触られたのを抗議したら配置転換された」といった事例(対価型セクシャルハラスメントともいう)が挙げられます。

基準は、労働者の「意に反するか」という所にありますので、職場で性的な言動をすることが即「セクハラ」になるのではなく、その性的な言動に対して、それを受け取る側の従業員(多くの場合は女性)が「嫌」と感じるか否かというところで「セクハラ」であるか否かが判断されることになります。

セクハラの具体的な例

上記のセクハラの定義に基づく具体例をまとめるとこのような感じになります。

種類 態様 具体例
性的な言動 性的な事実を尋ねること 「彼氏いるの?」と聞かれる。
「昨日エッチした?」と聞かれる。
性的な情報を流布すること 「昨日彼氏とエッチしたんだって」と言いふらされる。
「あいつDカップなんだって」と言いふらされる。
性的な行動 性的関係の強要・猥褻画像の配布 「エッチしよう」としつこく迫られる。
「付き合って」としつこく迫られる。
胸やお尻を触られる。
机の上にエロ本を置かれる。
エッチな画像のメールを送り付けられる
環境型セクハラ 労働環境に支障が出るようなセクハラ 上司から胸やお尻を触られるため、会社に行きたくなくなったり、仕事に集中できなくなった。
同僚の男性が「あいつはヤリマンです」「あいつは貧乳でね…」などと取引先に言いふらしたため仕事が手に付かなくなった。
抗議したにもかかわらず社内にエロ本が放置してあるため仕事に専念できなくなった。
対価型セクハラ 職場で不利益な取り扱いを受けるセクハラ 上司からの交際申出を拒否したら解雇された。
出張中の車内で上司に体を触られたため抵抗したら配置転換された。
「相変わらず巨乳だな」「お前ヤリマンだろ」などと他の社員の前で言われたので抗議したら降格させられた。

なお、セクハラの具体例についてはこちらのページでもレポートしています。

≫ セクハラの具体例

セクハラか否かは、あくまでも受け取る側の「主観」の問題

前述したように、セクハラか否かの判断基準は、性的な言動を受けた労働者の「意に反する」か否かで判断されることになります。

したがって、たとえば上司であるXが部下の女性従業員AとBに対して「彼氏はできたの?」と、同じ質問をした場合であっても、女性従業員Aは特段不快に思わなかったもののBは「そんなこと聞かれたくなかった」と感じているのであれば、Xの言動はAに対するセクハラとはなりませんが、Bに対してはセクハラと認定されるということになります。

このように、セクハラは受け取る側の個人が、性的な言動をどう受け取るかの問題につきますので、もし性的な言動を受けてそれを「嫌」と不快に思うのであれば、それは「セクハラ」を受けているということになります。

セクハラを上司に訴えると、「それぐらいのことは他の社員は何とも思わないよ、その程度の言動をセクハラといって騒ぐのは君ぐらいだよ」と言われて取り合ってくれないことがありますが、これは明らかに間違った解釈であって、他の社員がセクハラと思わない場合であっても、自分が「嫌」と不快に思う性的な言動であれば、それは「セクハラ」となります。

「セクハラ」の判断基準はあくまでも受け取る側の主観の問題ですので、自分がセクハラと感じたら、それは「セクハラを受けている」ということになりますので、迷わずに堂々と抗議することが大切です。

セクハラに遭った場合の対処法

なお、セクハラにあった場合の対処法についてはこちらのページをご覧ください。

セクハラに遭った場合の対処法

セクハラの改善を求める申し入れ書【ひな形・書式】


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする