これってセクハラ?(セクハラの判断基準とは)


泣いている女性社員

セクハラが社会問題となってかなりの年月が経過しましたが、改めて考えてみると、どういった行為が具体的にセクハラとなるのか、いまいちピンとこない人も多いのではないでしょうか?

職場内で他の社員と談笑する際に、つい「下ネタ」が口走ってしまうという人もいるかもしれません。

しかし、どのような言動が「セクハラ」と認定されるかを知っていなければ、ちょっとした冗談のつもりが「セクハラだ!」と断罪されて懲戒処分や損害賠償請求の対象にってしまう可能性もあり、思わぬ形で人生が狂ってしまうこともあるかもしれません。

また、セクハラを受けた側としても、自分が受けた性的な言動が一般にいう「セクハラ」に該当するのか判断できず会社や上司に相談するのを躊躇してしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、どのような言動が「セクハラ」にあたるのか、その判断基準について考えてみることにいたしましょう。

スポンサーリンク

セクハラとは?

セクハラを明確に規定した法律はありませんが、職場で発生したセクハラにおける事業主の義務については男女雇用機会均等法(※正式名称は「雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律」)の第11条1項に規定されていますので、その規定の条文がセクハラの定義を考える上での参考になります。

【男女雇用機会均等法第11条1項】

事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

この点、男女雇用機会均等法第11条1項では職場における「性的な言動」によって労働者が「労働条件につき不利益を受け」たり「就業環境が害される」ことのないよう事業主に必要な措置を講じることが求められていますので、この「性的な言動」によって労働者が「労働条件につき不利益を受け」たり「就業環境が害される」ことが、すなわち「セクハラ」ということになると解釈されます。

「性的な言動」とは?

前述したように、セクハラとは「性的な言動」によって労働者が「労働条件につき不利益を受け」たり「就業環境が害される」こと、と定義されることになりますが、この「性的な言動」とは具体的にどのような言動をいうのでしょうか?

男女雇用機会均等法第11条1項では「性的な言動」としか規定されていないため、その「性的な言動」が具体的にどのような言動を指すのかが明確でないため問題となります。

この点、男女雇用機会均等法第11条1項の解釈については厚生労働省が出している指針(事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針(平成18年厚生労働省告示第615条))で詳細に解説されていますので、この指針が「性的な言動」の意味を考える上での一定の目安になります。

この指針の第2項の「職場におけるセクシュアルハラスメントの内容」では「性的な言動」とは、「性的な内容の発言」と「性的な行動」に分類されると定義されており、その「性的な内容の発言」には、「性的な事実関係を尋ねること」や「性的な内容の情報を意図的に流布すること」などが、「性的な行動」には、「性的な関係を強要すること」や「必要なく身体に触ること」「わいせつな図画を配布すること」などが、それぞれ含まれると解釈されていますので、これらの行為がいわゆる「セクハラ」の要件となる「性的な言動」に該当するということになるものと考えられます。

 (4)性的な言動とは、性的な内容の発言及び性的な行動を指し、この「性的な内容の発言」には、性的な事実関係を尋ねること、性的な内容の情報を意図的に流布すること等が、「性的な行動」には、性的な関係を強要すること、必要なく身体に触ること、わいせつな図画を配布すること等が、それぞれ含まれる。

(※「事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針(平成18年厚生労働省告示第615号)」の「2 職場におけるセクシュアルハラスメントの内容」より引用)