病気や怪我を理由とした休職命令の撤回を求める申入書の記載例


このページでは、休職が必要な病気や怪我でないにもかかわらず使用者から休職を命じられた場合に、休職命令を撤回するよう求める申入書(通知書)の記載例(ひな形・書式)を公開しています。

適宜、ワードなどの文書作成ソフトに打ち込んでご自由に利用してください(※裁判所では全ての用紙をA4で統一していますので、後日裁判になることが予想される場合は裁判の証拠として利用しやすいようにA4用紙で作成しておくと何かと便利です)。

コピペ(コピーアンドペースト)しても構いませんが、著作権を放棄するわけではありませんので無断転載や配布などは禁止します。

なお、この書式例(ひな形例)は当サイト管理人が個人的な見解で作成したものです。この書式例(ひな形例)を使用して生じる一切の損害につき当サイトの管理人は責任を負いませんのでご了承のうえご使用ください。

スポンサーリンク

休職が必要な状態でないにもかかわらず病気や怪我を理由に休職を命じられた場合にその休職命令の撤回を求める申入書(通知書)の記載例

〇〇株式会社

代表取締役 〇〇〇〇 殿

休職命令の無効および撤回を求める申入書

 私は、平成〇年〇月〇日、上司である〇〇から「インフルエンザの社内における感染拡大防止のためと」いう理由で同年〇月○日から翌月の〇日まで2週間にわたる休職を命じられました。

 しかしながら、この休職命令を受けた○月○日の時点で既にインフルエンザは治癒しており、感染を拡大させる恐れもないという医師の診断も受けておりますので、貴社が休職命令を出すことに合理的な理由はありません。

 よって、直ちに貴社の行った休職命令を撤回するよう申し入れいたします。

以上

平成〇年〇月〇日

                       〇〇県〇〇市〇〇町〇‐〇

                       〇〇 〇〇 ㊞

※なお、この不当な休職命令を受けた場合の具体的な対処法などについてはこちらのページをで解説しています。

▶ 病気や怪我が治ったのに休職を命じられた場合の対処法

▶ インフルエンザで上司に休めと言われたら休まないといけない?