パワハラに関する労働局への紛争解決援助の申立書の記載例

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バインダーと白紙

このページでは、上司からパワハラの被害に遭っている場合に、労働局に対して個別労働関係紛争の解決に関する援助を申し込む場合の申立書の記載例(ひな形・書式)を公開しています。

適宜、ワードなどの文書作成ソフトに打ち込んでご自由に利用してください。

コピペ(コピーアンドペースト)しても構いませんが、著作権を放棄するわけではありませんので無断転載や配布などは禁止します。

なお、この書式例(ひな形例)は当サイト管理人が個人的な見解で作成したものですので、この書式例(ひな形例)を使用して生じる一切の損害につき当サイトの管理人は責任を負いませんのでご了承のうえご使用ください。

スポンサーリンク

パワハラに関する労働局への紛争解決援助の申立書

〇〇労働局長 殿

個別労働関係紛争の解決に関する援助申立書
(個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律第4条に基づく)

平成〇年〇月〇日

申立人(労働者)
〒 〇〇〇-〇〇〇〇
住所 神奈川県横浜市〇〇町〇番〇号
氏名 名倉礼太郎
電話番号 090-****-****

被申立人(事業主)
〒 〇〇〇-〇〇〇〇
所在地 東京都品川区〇〇町〇番〇号
名称 暴力興業株式会社
代表者 報知須留蔵
電話番号 03-****-****

1 紛争解決の援助を求める事項

上司によるパワハラを即座に停止させ、社内においてパワハラの再発防止策を構築するよう事業主に対する助言・指導を求める。

2 援助を求める理由

被申立人はゲームアプリのソフト開発を行う従業員20名の株式会社であり、品川区の本社ビルにてソフトウェアの開発及びウェブマーケティング業を営んでいるものである。申立人は、平成〇年〇月にSE(システムエンジニア)として入社し、ゲームアプリ開発班の一般社員として勤務しているが、平成〇年〇月ごろより、直属の上司である阿波礼留蔵(課長、以下「加害者」という)から「お前がいるとやる気がでねーな」「早く辞めろよ」などといった暴言を執拗に受けるようになった。また、他の社員の死角になるような場所で腹部を殴られたり、背中や足を蹴られるなどの暴力を頻繁に受け続けている。申立人は、これらのパワーハラスメント(パワハラ)被害を止めさせるよう、加害者の直属の上司(部長)に口頭で訴え、また被申立人に対し文書でパワハラの即時中止及び再発防止策の構築を求めたが、被申立人は何らの対処もしない。このような被申立人の対応は、使用者が労働者の生命・身体等の安全を確保し必要な配慮をしなければならないことを規定した労働契約法第5条に違反する。

3 紛争の経過

申立人は平成〇年〇月〇日及び同月〇日に、加害者の上司である〇〇(部長)に対して、パワハラ行為を止めさせるよう求めたが、「それぐらいは指導の範囲内だ」「お前の態度が悪いからじゃないのか」とまともに受け取ってもらえず、また、平成〇年〇月〇日付で「パワハラの即時停止およびパワハラの改善を求める申入書」を作成し、被申立人の代表取締役を名宛人として送付したが、その後何らの対処・改善策が行われることもなく泣き寝入りしている状態である。

4 添付資料

パワハラの即時停止およびパワハラの改善を求める申入書の写し 1通

以上

※:添付書類として挙げた「パワハラの即時停止およびパワハラの改善を求める申入書」は必ずしも添付が必要なものではありません

※「パワハラの即時停止およびパワハラの改善を求める申入書」の記載例については、こちらのページを参考にしてください。

パワハラの改善を求める申し入れ書【ひな形・書式】

様式について

労働局に対する援助の申立書に定型の様式は設けられておらず、各都道府県の労働局によってその様式が異なっているようです。

上記の様式で提出しても問題ないと思いますが、たとえば東京労働局で使用されている申立書の様式は東京労働局のサイトからダウンロード(Word)できますので、その様式を使用して提出するのもいいのではないかと思います(東京労働局で使用されている様式を他の労働局で使用しても受け付けてもらえると思います)。

様式 | 東京労働局

もっとも、実際に労働局に対して援助の申立書を提出する場合は、申し立てを行う労働局に事前連絡や相談を行う場合が多いと思いますので、その相談する際に労働局で申立書のひな形をもらうなどした方が良いでしょう。

なお、このページに挙げた申立書の説明についてはこちらのページでご確認ください。

≫ パワハラに遭った場合の対処法

≫ これってパワハラ?(パワハラの判断基準とは)

≫ パワハラとは?(パワハラの具体例とモラハラ、セクハラとの違い)


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする