仮眠や待機時間に関する時間外手当の支払請求書【ひな形・書式】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バインダーと白紙

このページでは、仮眠や待機時間について時間外労働の割増賃金(残業代)が支払われていない場合にその支払いを求めるための請求書(通知書)の雛型(記載例・文例・書式)を公開しています。

適宜、ワードなどの文書作成ソフトに打ち込んでご自由に利用してください。

コピペ(コピーアンドペースト)しても構いませんが、著作権を放棄するわけではありませんので無断転載や配布などは禁止します。

なお、この書式例(ひな形例)は当サイト管理人が個人的な見解で作成したものですので、この書式例(ひな形例)を使用して生じる一切の損害につき当サイトの管理人は責任を負いませんのでご了承のうえご使用ください。

スポンサーリンク

仮眠時間について時間外労働の割増賃金(残業代)が支払われていない場合に会社に対してその支払いを求める場合の請求書の記載例

〇〇株式会社

代表取締役 〇〇〇〇 殿

仮眠時間に関する時間外労働の割増賃金請求書

私は、平成〇年〇月〇日に貴社に入社して以降、主にオフィスビルのボイラー設備点検及びビル内巡回監視業務に就いておりますが、毎月数回従事することになっている24時間勤務(午前9時から翌朝9時まで)の際、夜間に仮眠時間として与えられた8時間の勤務時間については時間外労働の割増賃金が支払われておりません。

しかし、この仮眠時間については、勤務場所となっているビルからの外出や、飲酒やTV等の視聴が禁止されており、仮眠室において緊急の電話への応対や警報等異常が発生した場合の緊急対応が義務付けられていることから、労働時間ということができ、そうであればこの仮眠時間についても時間外勤務の割増賃金が発生するものであると認識いたしております。

よって、私は貴社に対し、入社してから現在に至るまで24時間勤務の際に発生した計○○時間の仮眠時間について、時間外労働の割増賃金を直ちに支払うよう請求いたします。

以上

平成〇年〇月〇日

                   〇〇県〇〇市〇〇町〇‐〇

                   〇〇 〇〇 ㊞

                   電話番号:090-****-****

注)後日裁判に発展する可能性がある場合は証拠として残しておくためにコピーを取ったうえで普通郵便ではなく内容証明郵便で送付すること。

待機時間について時間外労働の割増賃金(残業代)が支払われていない場合に会社に対してその支払いを求める場合の請求書の記載例

〇〇株式会社

代表取締役 〇〇〇〇 殿

待機時間に関する時間外労働の割増賃金請求書

私は、平成〇年〇月〇日に貴社に入社して以降、○○市○○町○番地に所在する株式会社△△製作所の社員寮に、妻とともに管理人として住み込みで勤務しておりますが、労働契約書で定めた労働時間(午前は午前7時から午前10時まで、午後は午後5時から午後10時まで)の8時間以外の時間についても、郵便物や来客等への対応が必要なことから妻と私のどちらか一人が社員寮に必ず待機することにしております。

この所定労働時間以外の待機時間につきましては、貴社の当該社員寮担当である○○氏の直接指示があったことによるもので、実質的な労働時間ということができ、そうであればこの待機時間についても時間外勤務の割増賃金が発生するものであると認識いたしております。

よって、私は貴社に対し、入社してから現在に至るまでに発生した計○○時間の待機時間について、時間外労働の割増賃金を直ちに支払うよう請求いたします。

以上

平成〇年〇月〇日

                   〇〇県〇〇市〇〇町〇‐〇

                   〇〇 〇〇 ㊞

注)後日裁判に発展する可能性がある場合は証拠として残しておくためにコピーを取ったうえで普通郵便ではなく内容証明郵便で送付すること。

なお、このページの請求書の内容については、こちらのページを参考にしてください。

≫ 仮眠や待機の時間には実労働時間として賃金が支払われるか?


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする