正社員からバイトへの降格に関する同意を拒否する通知書


このページでは、正社員からアルバイトへの降格に同意するよう求められている場合にその同意を拒否して以後同意を迫る行為を止めるよう求める場合の申入書(通知書)の記載例(ひな形・書式)を公開しています。

適宜、ワードなど文書作成ソフトを利用して自由に複製してもかまいませんが、著作権を放棄するわけではありませんので無断転載や配布などは禁止します。

なお、この書式例(ひな形例)は当サイト管理人が個人的な見解で作成したものです。この書式例(ひな形例)を使用して生じる一切の損害につき当サイトの管理人は責任を負いませんのでご了承のうえご使用ください。

スポンサーリンク

正社員からアルバイトへの降格に同意するよう求められている場合にその同意を拒否するとともに執拗に同意を迫る行為を止めるよう求める申入書(通知書)の記載例

〇〇株式会社

代表取締役 〇〇〇〇 殿

申入書

 私は、貴社から、正社員からアルバイトに降格することに合意するよう求められております。

 しかしながら、使用者が労働者に対して人事権の行使としての降格を命じることが認められるとしても、正社員として使用者に雇い入れられた労働者がアルバイトに降格させられる場合には、その労働契約は期間の定めのない雇用契約(無期労働契約)から期間の定めのある雇用契約(有期労働契約)に変更されることになりますから、その実質は当初契約された無期労働契約を合意解約したうえで新たに有期雇用契約で再契約することを目的とした労働契約の変更にあたります。

 この点、労働契約の変更にはその対象となる労働者の個別の同意を要しますし(労働契約法第8条)、仮に貴社の就業規則に正社員からアルバイトへの降格を是認するような規定が存在していたとしても、正社員からアルバイトへの降格が事実上無期労働契約から有期労働契約への契約自体の変更という性質を有していることを考えれば社会通念上その就業規則の規定は労働契約の内容にはならないと考えられます(倉田学園事件:高松地裁平成元年5月25日に同示)。

 したがって、私が貴社が求める正社員からアルバイトへの労働契約の変更に同意しなければならない労働契約上の義務はありませんから、以後当該契約の変更に同意を求める行為をなさらないよう申し入れ致します。

以上

平成〇年〇月〇日

                       〇〇県〇〇市〇〇町〇‐〇

                       〇〇 〇〇 ㊞

※官公庁ではすべての書類をA4で統一していますので、将来的に裁判になる可能性がある場合にはA4用紙でプリントアウトするようにしてください。

なお、正社員からアルバイトへの降格を命じられた場合の具体的な対処法などについてはこちらのページで詳しく解説していますので参考にしてください。

▶ 正社員からアルバイトへの「降格」は認められるか?


スポンサーリンク

フォローする

PR:労働トラブルが解決できない場合は転職も…。正社員ならリクルートエージェントパソナキャリア 、IT系などクリエイティブ職ならマイナビクリエイターなど転職サイトでホワイト企業を探してみるのも良いかもしれません。


関連トピックス